おもしろ凸凹絵の具「ディンプルアート・カラー」の使い方

1)線画を準備します。

フチドリ黒などのフチドリ専用絵の具で下絵を描いていきます。

縁取りはディンプルアート・カラーで着色する際に土手の役割を担いますので丁寧に描いていきます。ここでのポイントは縁取りと縁取りの間が途切れないようにすることです。途切れがありますと、ディンプルアート・カラーで色付けする際に漏れが発生してしまいます。

 

 

ディンプル・アートの描き方

 

2)ディンプルアート・カラーで色塗りします。

ディンプルアート・カラーを使って着色していきます。このときのポイントは隣り合わないエリアから着色していくことです。縁取りからはみ出してしまって色が混じり合うことを防ぐことができます。もし、はみ出してしまった場合は綿棒などではみ出し部分のディンプルアート・カラーを拭き取ります。

ディンプルアート・カラーが乾くまでの時間は約30分です。空気が乾燥している冬場が一番キレイにディンプル模様が出ます。

ディンプル・アートの描き方2

3)完成

ディンプルアート・カラーが十分に乾けば作品の完成です。

ディンプル・アートのサンプル

☆動画で見るディンプルアート・カラーの使い方